赤ちゃんを授かるにはどうすればいいかを知っておこう

赤ちゃんを授かるにはどうしたらいいのか、悩む人も多いはず。

タイミング法を行えば妊娠できる、と一般的には言われていますが、実はこれは間違っているのです。

若くして結婚したカップルでも、1年以内に妊娠できるのはなんと3割程度。

タイミング法は100パーセント妊娠できるものではありませんし、場合によってはかえって妊娠を遠ざけてしまうのです。

生理予定日や基礎体温などで排卵日を割り出すのがタイミング法ですが、割り出した排卵日が100パーセントが正しいとは限りません。

また、タイミング法はついつい義務的になってしまうので、ストレスを感じやすいのです。

タイミング法を意識して行うカップルよりも、日にちを限定せずに夫婦生活を送っているカップルの方が妊娠率が高いこともあるのです。

漢方薬を飲むのは、医師から処方される薬よりも安心なので、赤ちゃんを授かるにはうってつけだと思う人もいるかもしれません。

しかし、漢方薬=安全、とも限らないのです。

間違ったものを摂取するとかえって妊娠を遠ざけることもあり得ます。

質の悪い物は体に悪影響になるので、できるなら摂取しない方がいいのです。

インターネットで出回っている情報というのも、出どころがわからないので正しいとは限りません。

また、学者が唱えている方法だとしても、その人の学説が正しいとも限りません。

赤ちゃんを授かるには、まずは規則正しい生活を心がけることが重要です。

そしてなるべくストレスを溜めないようにするなど、健康的に過ごすことを意識してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加